News/Column cate

営業開発スタッフコラム 第51回 「脱臭装置のメンテナンス、年明けにいかがでしょうか?」

エスポ化学の営業開発スタッフが、週に1本くらいのペースでコラムを配信します。
悪臭対策のとっておきのノウハウをはじめ、製品ページではご紹介出来ない情報もお届けする予定です。

テーマ「脱臭装置のメンテナンス、年明けにいかがでしょうか?」

営業開発部の磯野です

最近になり、急に寒くなって丁度いい(?!)季節になりました。
季節の変わり目でもありますので、皆様も体調には十分お気をつけてください。

弊社では、弊社消臭剤をご使用いただいてるお客様に、脱臭装置の定期的なメンテナンスをあわせておすすめしております。

脱臭装置は、汚れや劣化等が原因となる不具合を避けるために必要なメンテナンスのサイクルは、その使用頻度や装置の置かれている環境によってまちまちです。そしてご予算や、社内人事の関係などでつい先延ばしになってしまう、というケースも多いものです。

しかし実は、必要なメンテナンスの時期を“逃してしまう”と、お使いの装置の損傷が大きくなったり、より多くの消耗品が必要となるなどかえって金額がかさんでしまうなど、結果的にコスト高になってしまう、ということをお伝えしたく思います。


つい先日、年1回のメンテナンスをおすすめしていたお客様より、2年ぶりのメンテナンス依頼がございました。

その際、つぎのようなことが見つけられました。

  • 消臭剤を噴霧するノズルが半分以上詰まっている
  • タンク内の消臭剤(希釈液)が噴霧されずに放置され、使用期限も過ぎてしまっていた。
  • 消臭剤を噴霧しているダクトにドレン(排水)が溜まって、消臭どころか腐敗臭が発生していた。
  • 結果的に脱臭装置があるにも関わらず、周辺で臭いがしている。

どんな機器もそうですが、日ごろのメンテナンスが本当に大切です。
もちろんお客様ご自身でのこまめなチェックが大事なのは言うまでもありませんが、定期的にメンテナンスのプロに依頼し、お持ちの脱臭装置を長く大切にご使用いただくことが、結果的には最良のコストパフォーマンスにつながると思います。

年末まで業務にお忙しいとは存じますが、今のうちにお持ちの脱臭装置をチェックし、年明けのメンテナンスを計画してみませんか?少しでも脱臭装置やお使いの消臭剤の効果で気になることがございましたら、弊社の脱臭装置でなくても構いませんので先ずはお気軽にお問合せくださいませ。

Archive

*お問い合わせお待ちしております*