Products

[新発売]オイルパルβ

動植物油脂ヨゴレを苛性カリの力でしっかり洗浄・除去!

[オイルパルシリーズ第二弾!]エアコンクリーニング業者の皆様や、製油工場、ホテルレストランの厨房施設など動植物油脂のしつこい汚れを苛性カリの作用でパワフルに落とします。特につけ置き洗いには最適な強アルカリ性洗浄剤です。

苛性カリパワーで動植物油脂ヨゴレをしっかり洗浄!「オイルパルβ(ベータ)」

製品の特長

  • 酸化した動植物油および酸性汚れ成分に対して、極めて優れた洗浄力!
  • 強アルカリ性だが皮膚に対して低刺激性
  • 強アルカリ性だがアルミなどの金属に対して低腐食性

使用可能な場所の例

オイルパルβのおすすめ使用用途

 

使用方法

  • 汚れの状態に応じて、5倍から10倍に希釈した液を用いる。
  • 洗浄方法は、漬け置き・噴霧を推奨。
  • 洗浄後は十分水洗いを行う。

成分・性状

①主要成分 ケイ酸塩,苛性カリ,界面活性剤,水溶性溶剤,水
②外観 無色透明水溶液
③水溶性 任意の水に可溶
④pH 13以上
⑤毒劇物取締法 非該当
⑥PRTR法 非該当

製品荷姿

動植物油脂ヨゴレを洗浄!「オイルパルβ」

バックインボックス(10kg・20kg)

 

[参考]弊社従来品との違い

「苛性含有」「非苛性」はどう違うのか?

油汚れ洗浄剤について、“強い” “弱い”と表現されますが、苛性カリ(水酸化カリウム・水酸化ナトリウム)等が含有している製品は、安価で洗浄力が強いとされ、含有していない製品は含有製品と比較し価格が高くなる一方で、塗膜はがれ等は起こりにくく、事故が少ないという特性があります。使用対象物の特性や、求める洗浄力の強さによって使い分けることで納得のいく効果を得ることができます。

特性を見極めて洗浄剤を使い分けましょう

弊社従来品「オイルパルα」との比較

お客様のご要望や状況をふまえて、弊社営業開発スタッフが現場を拝見させていただき、適した薬剤の選定をさせていただきますので、ご安心ください。

施工事例

[実施時期 ]2023年6月 都内某所
[現場・目的]火事現場の清掃と復旧(※弊社製品による消臭テストも実施)
[テスト内容]弊社新製品「オイルパルβ」と水をハンドスプレーで噴霧後、ウエスによる拭取りで窓やサッシのスス汚れの落ち具合を検証

 

関連製品
お問い合わせ・ご発注に関しては、弊社担当営業開発部スタッフか問い合わせフォームにてご連絡ください。