Products

ノーズパル®GR-10S

炭素数が多いアルデヒド類は、一般的に嗅覚閾値(人間が感知できるにおいの最小濃度)が極めて低いため、処理対象となる気体中に微量でも残っていると、臭気濃度(臭気のある気体を、無臭の空気で希釈し、臭いが感じられなくなった希釈倍数)が極めて高い傾向にあります。

ノーズパル®GR-10Sとは

食用油精製工程,調味料製造工程,炭化炉などから発生する複合アルデヒド系物質臭気を削減します。
GR-10S は”アルデヒド系物質の臭気*”に特化した消臭剤!

[効果が期待できる悪臭]
化学反応により無臭もしくは臭気の低い物質に変え、それらをポリマー分子に吸着させ分子内に閉じ込めることで臭気を削減させます。

物質が加熱されることで発生する焦げ臭
*アルデヒド系化合物N-ブチルアルデヒド・イソブチルアルデヒド・N-バレルアルデヒド・イソバレルアルデヒド・ヘキシルアルデヒドなど

性状・規格・安全性・環境への影響

外観 無色透明の液体
pH 5.70±0.5(製品原液25℃)
※本製品の希釈ランニング液はpH 5.0~pH7.0の範囲で使用すること。
希釈倍率 ●ノズル噴霧用:100~300倍
●スクラバー処理用:各種悪臭物質の排出質量に合わせて、希釈倍率と補充量を設定する。
水溶性 任意の割合で水に溶解する。
消防法の分類 非危険物
毒劇物取締法 非該当
排水処理法
  • ●施設内に排水処理設備が敷設されている場合は、処理条件を確認の上、放流することが出来る。
  • ●下水道放流をする場合は、施設所在の都道府県の下水道法の規制値をクリアすることが必要。
  • ●ドレーン排水は通常そのまま河川放流は出来ない。

使用方法

①ダクト内(またはチャンバー内)で希釈液を噴霧する方法や、アルデヒド化合物濃度が高く、臭気が強い場合はより気液接触率の高いスクラバー処理をおすすめします。
②水(※水道水が好ましい)で希釈してご使用ください。
③処理するガスの臭気成分濃度に応じて希釈倍数を決めてください。

応用編

アルデヒド系物質臭+硫黄化合物臭

混合臭気は二段階処理で対応が可能です!!
お客様の状況に合う薬剤の組み合わせをご提案いたします。

第1段階 硫黄化合物・脂肪酸等の酸性臭気成分の消臭用である弊社製品「ノーズパル®F-NO」を処理する。
第2段階 本製品「ノーズパル®GR-10S」を噴霧する。

製品荷姿

ノーズパル®GR-10S 製品荷姿

まずは臭気対策事前アンケート


臭気判定士(国家資格)の資格を有する弊社担当者が現場調査をさせていただきます。その地域の”悪臭防止法”に則った対応策をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

「ノーズパル®GR-10S」のガスクロマトグラフによる臭気削減率に関する社内基礎データ、ならびに導入事例についてのエビデンスデータを開示しております。お気軽にお問い合わせください