Products

タフカム脱臭装置

飲食店の厨房、ショッピングセンターなど商業施設の厨房から発生する調理臭問題をしっかり解決!厨房排気脱臭用セラミックフィルターです。

タフカム脱臭装置とは

タフカムフィルター
タフカムフィルター
(SUS430製フィルターケースに収納)

近年、飲食店の厨房、ショッピングセンター等の商業施設の厨房より発生する調理臭が、近隣住民や同居するオフィスなどから苦情になるケースが多く発生しています。
厨房排気脱臭用セラミックフィルター「タフカム脱臭装置」は「Tough(=タフ:強固な)」、「Honeycomb(=ハニカム:蜂の巣状)」フィルターであり、お客様の厨房排気臭気の問題を解決いたします。

特長

  • 強力脱臭

    タフカムは微細な細孔を有したハニカム構造(260セル)によりさまざまなにおい分子を高効率に吸着します。(臭気を完全に無臭にすることはできません)

  • 寿命

    タフカムは厨房稼動に合わせ高濃度臭気発生時間帯は、臭気を吸着し、臭気がほとんど来ない時間帯にそれらを少しずつだ脱着するため長寿命です。(臭気質、オイルミスト有無、稼働時間等で寿命は変動します。)

  • ユーティリティ不要

    タフカムはユニットを排気ダクトに接続するのみの方式のため排気ファン以外の動力源や熱源は不要です。(タフカム設置による圧損により既存排気ファンの能力UPが必要になる場合があります。)

  • 省スペース化・軽量化を実現

    従来のセラミックフィルターと違い、フィルター通気線速を3.75m/secに標準設計し開発されたため、装置本体の省スペース化、軽量化が実現されました。(従来型装置の標準通気線速1~2m/sec程度です。)

  • 低圧力損失

    タフカムはハニカム構造のため、大きな吸着面積を確保しながらも、低圧力損失です。1段あたりの圧力損失は61Pa以下です。

  • 不燃性

    タフカムは建築基準法に基づく不燃性試験の判定基準値を満足しております。

仕 様(脱臭剤仕様)

  • タフカム(脱臭剤)
    タフカム(脱臭剤)

  • 不燃性試験判定基準
    第三者機関による不燃性試験判定基準を満たしています

素材 粘土鉱物を主成分とするハニカム構造体(不燃性セラミック)
寸法 94×94×31t
重量 78g
セル数 260セル/インチ

タフカムの脱臭性能

調理内容 入口臭気濃度 出口臭気濃度 脱臭効率
豚バラ肉 1,600 160 90%
ニンニクオリーブ炒め 7,900 790 90%
炭火焼肉 5,000 790 84.2%

※タフカム(脱臭剤)3段通過時の脱臭性能データと第三者機関による測定結果

  • タフカムの脱臭メカニズム

    タフカム脱臭メカニズム

    ※タフカム脱臭装置はタフカムフィルターとユニットから構成され、対象臭気にあわせ、タフカムフィルターの段数を追加することにより臭気を低減します。

  • 用途

    商業施設の飲食店・社員食堂・老人福祉施設・給食センター・焼肉店・中華レストラン・イタリアンレストラン・とんかつ屋・うなぎ店・カレーレストラン・ファミリーレストラン・スーパーマーケット・各種食品工場 など(脱臭テスト機もございますのでお気軽にご相談ください。)

仕 様

タフカム標準仕様表

タフカム脱臭装置標準仕様表

  • ユニットは床置きタイプとしておりますが、天吊タイプにも変更可能です。
  • ユニット本体材質はガルバリウム鋼板です。
  • フィルター標準段数は3段です。
  • タフカム脱臭装置は油煙・煙の除去はできません。排気中に多量の油ミストが飛散する場合は、別途油ミスト除去装置の前段設置をお願いいたします。

タフカム脱臭装置の仕様選定はメーカーの責任設計になります

  • ご要望の調理臭・排気風量・脱臭能力・設置スペース・ユニット材質に応じてカスタマイズが可能です。お気軽にご相談ください。
  • 対象物件の立地場所の悪臭防止基準値も算出いたします。
  • お問い合わせの際には、下記情報をお教えください。
    ・排気風量・原臭臭気濃度・脱臭目標値・設置スペース・排気温度・排気湿度・臭気質・油ミスト・粉塵有無・グリスフィルター等前処理装置有無・店舗形態・稼動時間等
本製品は株式会社ゲンダイプラント様の製品です。導入および設置のご検討に関し弊社よりご案内させていただくことが可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください