Products

アムデハニカム

50ppm以上のホルムアルデヒド を高い効率で触媒分解します。

アムデハニカムとは

アムデハニカムは、ホルムアルデヒドの高機能な触媒分解と、ランニングコストロスを目標に試験開発された商品です。
主に病理検査室や切出し室などの排気対策や排気風量が確保できない場合の局所排気装置の室内循環対策用としてご使用いただけます。

特長

  • 強力なホルムアルデヒド除去

    アムデハニカムは、微細な細孔を有したハニカム構造(260セル)と触媒作用により、ホルムアルデヒドを強力に除去します。

  • 除去能力にあわせた設計が可能

    アムデハニカムは、フィルターの使用段数を増減することで、ご要望のホルムアルデヒド除去率にあわせることが可能です。

  • 高機能触媒

    ホルムアルデヒドを吸着・分解することにより、従来品より大幅に製品寿命を長くすることが可能となりました。ホルムアルデヒドで行った社内実験では、交換不要のデータが確認され
    ております。

  • 低圧力損失

    アムデハニカムは、ハニカム構造のため、大きな吸着面を確保しながらも低圧力損失です。標準仕様で1段あたりの圧力損失は100Pa以下です。

  • ユーティリティが不要

    アムデハニカムは、ユニットを排気ダクトに接続するのみの方式なので排気ファンいがいの動力源や熱源は不要です。(アムデハニカムフィルターの圧損により、既存排気ファンの能力アップが必要になる場合があります。)

  • ホルムアルデヒド酸化分解式

    HCHO+O2 → H2O+CO2

仕 様

素材 マンガン触媒を主成分とするハニカム構造体
寸法 100×100×100
重量 500g
セル数 260セル/インチ

フィルター標準仕様

枠材質 SUS430
通過風速 1.0m/sec (範囲 0.5~1.5m/sec)
SV値 7,000~70,000hr-1

※仕様は予告なく変更する場合があります。
※寸法および重量は代表値になります。

  • アムデハニカムの圧力損失

    アムデハニカム脱臭装置は、ホルムアルデヒドの除去率にあわせ、フィルターの段数を追加することにより、ホルムアルデヒドを低減させます。
    ⊿P=LV値×50×段数

  • アムデハニカムの除去性能

本製品は株式会社ゲンダイプラント様の製品です。導入および設置のご検討に関し弊社よりご案内させていただくことが可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせください