News/Column cate

営業開発スタッフコラム 第6回 「倉庫内脱臭作業」

2021年よりエスポ化学の営業開発スタッフが週に1本くらいのペースでコラムを配信します。
悪臭対策のとっておきのノウハウをはじめ、製品ページではご紹介出来ない情報もお届けする予定です。

テーマ「倉庫内脱臭作業」

エスポ化学株式会社エンジニアリング部 守田部長コラム

エンジニアリング部の守田(もりた)と申します。
今回ご紹介するのは、大規模倉庫内に染みついたにおいを短時間で確実に脱臭する作業についてです。

本施設では貯蔵されていた食材のにおいが充満し、壁・床などに強烈に染みついてしまい、お客様が次の荷物を受けられず、問題となっておりました。そこで、現場調査とヒヤリングを実施させて頂き、強アルカリイオン電解水噴霧オゾン燻蒸脱臭作業をご提案しました。作業期間は約2週間という超短期間での作業になります。

Phase1として強アルカリイオン電解水を壁・床へ高圧噴霧器で噴霧して、床部分ではポリッシャーを使い、
強烈に付着した物(強いにおい)をはぎ取りました。バケツに回収した物の汚れをご覧ください。

汚れをバケツに回収

バケツ(左)の汚れに注目

 

2日間の噴霧作業と養生期間を経て、Phase2としてオゾン燻蒸脱臭作業を約1週間実施しました。

オゾン燻蒸脱臭作業は、専門技術者により安全第一で行い、対象区域を立入禁止とするなどの安全処置が必要です。

臭気判定士(国家資格)が臭気の状況を中間と作業後に確認を行い、予定通りの工程で、所定の脱臭効果を得る事ができました。
またお客様から無事に検収を頂きました。同様のにおいでお悩みの際はぜひ弊社へご一報をお願いします。

関連情報

*お問い合わせお待ちしております*