News/Column cate

営業開発スタッフコラム 第15回 「スクラバーを用いた脱臭試験」

2021年よりエスポ化学の営業開発スタッフが、週に1本くらいのペースでコラムを配信します。
悪臭対策のとっておきのノウハウをはじめ、製品ページではご紹介出来ない情報もお届けする予定です。

テーマ「スクラバーを用いた脱臭試験」

今回のコラムニストは課長代理大橋がお送りします

こんにちは。

今回はスクラバーを用いた脱臭試験についてご紹介いたします。

そもそもスクラバーとは?

排ガスを水で洗う装置のことで、「洗浄塔」と呼ばれたりもします。
我々は消臭薬液メーカーでもあるので、こういった装置に消臭薬液を混ぜ、より効果的に臭気削減を行うことが可能です!

スクラバーテスト(ケスマック)

① 写真の試験では、排ガス中に油分が多く含まれることから前処理として、『ケスマック』という装置(テスト機)を設置しました。ケスマックは水流式集塵機と区分けされ、高圧噴霧された水が油分などを吸着する装置です。
② 弊社が保有するスクラバーテスト機を2連結し、どの消臭薬液が一番効果的か判断(臭気判定を行い数値化)します。

組成の違う薬液をそれぞれのスクラバーで使用し、様々な臭気に対応出来るよう試行錯誤です。

そもそも、なぜ排ガスを水で洗って消臭するのか

① 臭気成分を水に溶け込ませることが出来るから
→臭気成分は水に溶けるんですね。(※全ての臭気成分が溶ける訳ではありません)

② 薬品の効果による中和や分解
→我々の消臭薬品を使用して中和して臭わない物質に変えてしまうんです。

ここで大切なのは排ガスと水の接触率です。
多く接触させることが出来れば、効果は期待できます。が、これが1番難しいところです。
現場で臭気とのバランスを確認しながら手を変え品を変えお客様に最適な案を模索します。

スクラバーのテストは準備や購入資材など、いろいろと費用がかかるため、どうしても有償となってしまいますが、ご興味がありましたら是非ご検討ください。

Archive

*お問い合わせお待ちしております*